このアムズ いっちゃいましょう!(〜乗用車用(シグネチャーシリーズ)編〜)

当店はバイクショップですので、基本的には二輪関係のアムズオイル製品がよく出ますが、アムズ製品全般を取り扱ってきました。もちろんクルマ用も。
なので、今回はクルマ用のオイルをご紹介します。

クルマ用なら、何はさておき『シグネチャー』シリーズです。
al_ams.png

ここに創業者 アル アマツージオ氏のサインが入っており、アムズオイルが誇るシリーズになっています。
特徴は、「1年又は4万キロ走行」というオイル交換サイクルを実現したエンジン保護性能です。

普通のオイルなら。。
数千キロで交換時期を迎え、交換したら「新油はエエなぁ〜!」とエンジンの調子が良くなった感覚を受けますが、
私は「それって、あまり良いことではありませんよ。」と申し上げています。
だって、「新油と比べてエンジンのパフォーマンスを低下させるような状態にしていた。」=「交換前は、エンジンに負担を掛けていた。」ことになる訳ですから。。
他社のロングライフオイルでも、規定の交換時期には性能が低下していて、交換後に「新油感」が有るようです。

でも、アムズオイルは。。
「せっかくオイル交換したのに、実感が湧かない!」というオイルです。
交換時期までの間、新油の頃と変わらずに潤滑し続けているからです。並みのロングライフオイルではありません。
だから、余談ですが、アメリカ人は(自己責任で)更に長距離を使っちゃうんですね。
4万キロを保証しているのだから、メーカーは2、3倍の安全率を見込んでいるに決まっている。2倍くらい使えて当然だろう!と(笑)
ある意味、すごいエコですね。
コスト半分、エンジンは調子良く、修理代節約。寿命が延びて、買い替え不要。
自分が気に入ったクルマを、大切に長く乗り続けることができて、それがエコに繋がるという構図です。

環境のために、最新のエコカーに次々と乗り換えるという方法も一つですが、最新型を新車でどんどん買える訳じゃないし、日本では電力供給の多くを火力発電に頼っている状況です。全員がプラグインや電気自動車に買い替える訳にもいかない筈。(この寒波でも、ヒーターを使い過ぎると電力供給が逼迫すると言われる有様ですし。。)
まだまだエンジンを積んだ自動車には頑張ってもらわなくてはいけません。
個人的には、マツダの超低燃費エンジン開発の取り組み、大好きです。
我々にできることとして「超高性能なオイルを積極的に使う」のも有りだと思うのです。
エネオスの「サスティナ」というオイルも同じ方向性なのと、ネーミングで気に入っています。
(サスティナブルって一時はよく聴きましたが、あまり定着していないかも。。)

まぁ、とにかくアムズオイルは格別です。
是非、お試しください!


画像は代表として5W-30にしましたが、きめ細かくラインナップされていて、以下のバリエーションがあります。
0W-20
5W-20
0W-30
5W-30
10W-30
0W-40
5W-50

私は古い軽バン(クリッパー)に5W-30を使っていますが、最近のエコカーなら0W-20や5W-20も多いのでしょうね。
ちなみに0W-40は「Nissan GT-R」用、5W-50は「Mustang」用となっています。

さぁ、乗用車にも アムズ いっちゃいましょう!!
http://scuderiarana.cart.fc2.com/?ca=33
スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://scuderiarana.blog.fc2.com/tb.php/92-4d332dae

コメント:

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99