スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OSET イチオシの交換部品!

簡単なことですが、OSETって結構ちいさなお子様が乗られますので、
無造作にバッタ〜ン!!と倒しちゃいます。

倒れちゃうんですよね。

土の上、特に泥のような状態で倒すと、グリップエンドが簡単に突き抜けてしまいます。
仕方ないです。。。
ストライダーだって同じことです。
ただ、あれは軽いし、泥では乗らないのと、何よりグリップエンドに大きなクッション部分があるので多少マシです。(でも突き抜けますが。)

そこで、大人のバイクと同じようにグリップを交換することになりますが〜〜〜

うっかり子供用自転車のグリップを付けちゃダメです。
ハンドル径が19mm用だったりしますし、何より右側スロットル用なんて有りませんから〜。


OSETのスロットルのカラーの外側一部はちょっと細くなっていますが、
いちおう普通のバイクのグリップが使えます。

ただ、お子様の手の大きさに合わせて幅の狭い設定になっているので余分な幅をカットする必要があります!
グリップ_1
ロゴ入り2ピースだと、変なバランスになります〜(涙)
グリップ_2
メッチャ幅狭でしょ?

このせいで、エンド部分を強化している2ピースグリップの意味も無くなるので〜

是非「エンドプラグ」も付けちゃいましょう!
エンドプラグ_1
コレお薦めです!
エンドプラグ_2
これで倒し放題!(笑)



話は戻って「グリップ」ですが、更にメリットもあります!

純正品の太〜いグリップだと、2歳児さんくらいでは握るのも太過ぎる感じ。
そうなると、ブレーキレバーに指が掛かり難いようです。
でもコレなら、やや細身になるので改善されます!

たぶん、OSETのあとでPW50やTTR-50等にステップアップするときに、グリップの太さに違和感を感じないということも有ると思います。
スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://scuderiarana.blog.fc2.com/tb.php/9-31586549

コメント:

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。