FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はたらくアムズオイル

アメリカのスーパークロスで有名な GEICO/HONDA チーム。
http://www.geicohonda.com/team.php
トップページの集合写真に並ぶライダーとマシン。
そのフロントフェンダーには全てAMSOILのいロゴが入っています。

そうです。AMSOILは GEICO/AMSOIL/HONDA チームの一員として、オイルを提供しています。
しかも提供オイルは、スペシャルオイルではなく「市販品」。

だから、彼らと同等のパフォーマンスでバイクを走らせても、AMSOILはエンジンを保護してくれます!(笑)

まぁ、マシンがスペシャルですけどね。

そもそも、あんな走りは出来ませんー!

でも、とにかくAMSOILは良い仕事をしてくれるオイルです。


そんなAMSOILは、乗用車でオイル交換サイクルを4万キロ(または1年)に設定しています。
アメリカでは、それを保証しているくらい完全にエンジンを保護してくれます。

4万キロと言えば、地球一周ですよ(笑)

しかも、4万キロ走行後のオイルの劣化は軽微で、期間内は完璧なエンジン保護性能を発揮し続けるというものです。

だって、「ギリギリ4万キロ使える」というだけのオイルなら、交換前にはオイルは劣化し始めていて、エンジンにダメージを与え続けていることになる訳ですから。
新油に交換して「やっぱ新油は調子いいね♫」なんて喜んでいてはダメですよー!!
「交換前後で何も変化を感じない」ところがスゴいところなんです(笑)


こんな話をすると、聞き手の反応は二分されます。

「へ~っ、スゴいね!」

「フッ、嘘だよ」


そりゃあそうですよね。
最近、クルマを買うとディーラーのサービスプログラムで次回車検まで消耗品をはじめオイル交換まで無償でやってくれます。細かな点検や調整をしてもらって、リフレッシュ感を得ることで、サービスを感じている訳ですから、オイル交換も含めて「良くなったー!」と思うのはポジティブな反応です。いや、最近はロングライフオイルも多いので、交換されたかどうか意識しなければ任せっきりで分からないかも知れません。そんなユーザーが増えました。だから急に4万キロとか言われてもピンと来ませんよね。俄には信じ難い。それは当然の反応です。

でも、もう一度、考えてみて下さい。

あの訴訟大国「アメリカ」で、4万キロ走行を保証しているんですよ。
マジです。


でも、「へ~っ、スゴいね!」のあとで、

「まぁ、うちはサービスプログラムに入ってるから、使えないけどね。」

というオチが付いて来ます(涙)



そんな中で注目の領域が「はたらくクルマ」や「はたらく現場」です。

ここまでが前置き!?  長いなぁ~(笑)  つづく
スポンサーサイト

この記事のトラックバック URL

http://scuderiarana.blog.fc2.com/tb.php/58-7f6ed2e2

コメント:

コメント:する

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。