スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMSOILモーターサイクルオイルSAE60が完売間近です。

MCS.png
ハーレーダビッドソン用としてご好評いただいてきたAMSOIL、

このSAE60モーターサイクルオイルも

とうとう残り13本になりました。

残念ながら、今後の入荷のメドは立っておりません。

ご入用の場合はお早めにお願い致します。

http://scuderiarana.cart.fc2.com/ca25/68/p-r25-s/

こうして完売予告をするのは寂しい限りですし、

お使い頂いているお客様には大変申し訳ございません。
スポンサーサイト

AMSOIL セイバープロの残りが僅かです!

大変申し訳ございません。
当店で取り扱ってきたAMSOILの在庫が、いよいよ『底が見えてきた』感じです。
インターセプターは、クォート、ガロンともに完売で次回の入荷見込みは無い状態でしたが、

ATP2.jpg
セイバープロも残りがクォートボトル3本となりました。
http://scuderiarana.cart.fc2.com/ca24/118/p-r24-s/

ATP_PK.jpg
44mlのパック品も6パックとなっています。
http://scuderiarana.cart.fc2.com/ca24/178/p-r24-s/

「最後に、どうしても欲しい!」というお客様は、お見逃しなく!!
申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

ハードエンデューロにも有効に違いない!と思えるオイル。

「CGC雛祭りハードエンデューロ」に行きたかったのですが、子どもの学校の関係で行けませんでした。
残念。。。行きたかった〜!

やっぱり、ハードエンデューロは楽しいですよね。
そして、CGC 最高!!

そんなハードエンデューロにも有効に違いない!と思うオイルをご紹介します。
DB_series.png
以前にもご紹介した AMSOILのダートバイクオイルです。

スーパークロスのGEICO/HONDAチームのライダーが、450ccの強烈なフル加速やら半クラを使うやらでレース終盤にはクラッチのタッチが変化しちゃう。。という問題を解決するために開発されたオイルです。

発売当時(2015年)に紹介されていた資料の日本語版がコチラ。
DB.jpeg

ホンダのCRF450Rを使い、メーカー純正オイルと比較しています。
スタートシミュレーションテストと呼ばれる試験で、ゼロ発進のフル加速に相当するクラッチ操作を行いました。
メーカー純正オイルは16回で操作フィールが不安定になったのに対し、ダートバイクオイルは2倍の32回でも変化が起きませんでした。
クラッチ板をチェックしてみると、その差は歴然。純正オイルは焼けてきているのに対し、ダートバイクオイルは良好な状態を維持しています。

もちろん、他社の高性能オイルであれば、このメーカー純正オイルよりも良い状態を保つと思いますが。。
アムズオイルの技術者は「ダートバイクオイルは特別」と言い切ります。
このクラッチ保護性能において、ライバル製品を凌駕する特性を得るために開発されたオイルだから。

そんな素敵なオイルですから、想像できますよね?

ハードエンデューロで「クラッチを焼いてしまった」とか、「途中でクラッチの切れが悪く感じた」とか、「ギアが入り難くなったけど、クラッチの切れが悪くなってきてたのかな?」といった症状を感じたことがあるライダーなら、対策としてメッチャ有効だと思うんです。

いかがでしょうか?
http://scuderiarana.cart.fc2.com/?ca=47
是非、ご検討ください。

※2ストの場合は、安いオイルを頻繁に交換すれば良いと言われますが。。
それで問題ないレベルのライダーなら、とりあえずOKでしょう。
でも、「途中でクラッチの切れが悪く感じた」とか、「クラッチのせいか、ギアが入り難くなった」といった症状を感じたことがあるなら、あなたのオイルは、あなたの使い方に耐え切れていません。
是非、AMSOILのダートバイクオイルをお試しください。

当店での AMSOILインターセプター2サイクルオイル の販売が終了しました。

予てより、クォートボトル入り製品が売り切れて、ガロンボトル入り製品も残り少なくなって来たと告知してきましたが。。。

とうとう、ガロン製品も完売。
再入荷の見込みが無いため、当店での『販売終了』となりました。
大変申し訳ございません。

一般の通販サイトから姿を消してから、色々と探し回って当店ウェブショップに辿り着かれた方が多かったのですが、品薄感からの買い溜め需要が起きて、どんどん無くなってしまった感じです。

今後、ドミネーターセイバープロHPマリンの3種類になりますが、用途によっては代替可能です。
是非、ご検討くださいませ。
よろしくお願いします。

http://scuderiarana.cart.fc2.com/?ca=24

このアムズ いっちゃいましょう!(〜欧州車用オイル編〜)

『欧州車用オイル』となっていますが、日本のエコカーにもピッタリなスペックだったりします。
目指すところは同じでしょうから。 是非、ご参考ください。
euro.png
さて、VWのクリーンディーゼルが、実はクリーンじゃなかったとか、ややこしい話もありましたが。。
従来、欧州車は環境性能に厳しいとされてきました。
(あまりに厳しいから、抜け道を探ってしまったのかも知れませんが。。。)

その性能を実現するために、オイルにも色々と注文が付けられています。
そこで重要になるのが、自動車メーカーの認証を取得したオイル。
もしくは、その規格基準をクリアーしていることをオイルメーカーが明記しているものです。

例えば、アムズオイルの製品が3種類あります。
LOW SAPSには、メルセデスベンツの規格 MB229.51にオススメとあります。
MID SAPSには、メルセデスベンツの規格 MB229.51と MB229.31にオススメと書かれています。
FULL SAPSには、メルセデスベンツの規格 MB229.5と MB229.3にオススメとなっています。
(ラベルの左下に記載されています。もちろん裏面の表示部にも。)

このうち、メルセデスベンツの認証が取れているのは MID SAPSの MB229.51と、FULL SAPSの MB229.5です。

アムズオイルが「メルセデスベンツが要求している規格に適合しているから大丈夫!」と言うか、
メルセデスベンツが試験して「これなら大丈夫。認証した!」と言うかの違いです。

メルセデスベンツの認証関連の公開サイトを見ると、
「MB229.51とだけ書かれているものと、MB-Approval 229.51と書かれたものとは違うからね。」
と書いています。 認証の重みを感じますね。。(笑)

とは言え、「クルマメーカーが認証するオイル」を製造するオイルメーカーがOKしているのですから。
間違いないでしょう。
同様に VW や BMW の規格についても表記があります。(BMWのLL-04にも!)

欧州車乗りの皆様!
アムズオイルにはちゃんとした欧州車用オイルがあります。
是非、お試し下さい。

http://scuderiarana.cart.fc2.com/?ca=45

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。